頭痛、神経痛、難治性関節拘縮、交通事故治療でお悩みなら札幌市北区の拓北ひまわり通り整骨院

月火水木金
9:00~13:00 15:00~20:00
土 日
9:00~14:00  
北海道札幌市北区拓北3条2丁目6-11

TEL 011-771-6161

予約状況はこちら

ホーム > 施術内容

施術内容

当院の明るいスタッフをご紹介!!

スタッフについて

患者様からの声

30代主婦
女性

続きを見る

私は初めての整骨院で、正直緊張していました。しかし、拓北ひまわり通り整骨院さんはスタッフさんがとても明るく話しながら楽しく施術を受けることが・・・

自分の関節の動作が分かる

スタッフが日常を綴る

facebook

エキテン

交通事故対応

交通事故治療サイト

治療はもちろん、保険会社もサポート。治療はもちろん、保険会社もサポート。

拓北ひまわり通り整骨院の施術内容

1.鍼灸治療

神経痛、坐骨神経痛、頭痛、腰痛、腕の痺れ、五十肩、リウマチ、関節痛、ムチウチなどに鍼灸治療をご用意しております。
針治療が苦手に感じる方は刺さない針や電気温灸等もご用意しております。必要であれば低価格でご提供させていただいています。
鍼は日本製で、使い捨てだから衛生面も安心です。保険施術での鍼灸も対応していますので、お気軽にご相談ください。

2.スポーツをする方や痛みの続く方に効くシール鍼

シール針は低刺激なハリで、継続的に、患部に貼ることができます。なので、腰痛や、肩こり、冷え性など、常にツボに刺激を与えることによって辛さを軽減させることができ、スポーツの怪我の予防、パフォーマンスの向上にも役立ちます!また、女性には嬉しい音譜顔のシワやタルミにも効果を発揮します。

3.自分の関節の動きが分かるエコー観察

運動器の外傷を得意とする整骨院では動きのあるエコー画像による説明をしております。必要に応じて各関節の専門整形外科へご紹介もさせていただいております。医療法人社団恵信会は各札幌市内の地域に各関節の専門ドクター在籍、MRIも完備!

医療法人社団 恵信会についてはこちら

4.関節の固定としてのテーピング固定

部活動、ママさんバレー、朝野球をする方など、パフォーマンスの維持の為に関節の固定としてテーピングもご用意しております。

5.10分1200円から延長マッサージ

強くてしつこい痛みやこわばりを感じる方のために延長マッサージ10分1200円から受け付けております。

6.急性期の炎症にオススメ超音波治療

関節の腫れ、捻挫、急性期の炎症には超音波治療がお勧めです。

痛みの伴う関節拘縮、肩こり、頭痛でお悩みの方へ

当院は外傷のスペシャリストです!

難知性関節拘縮とは、不意なおケガにより関節を動かさないことにより発生する関節の拘縮(硬くなる)、筋力低下は難治性に移行します。拓北ひまわり通り整骨院は、難治性関節拘縮に悩まれている方、脳外科に行って「なんともない」と言われたが痛みが治まらない方も対象としておりますので、ぜひ当院にお越しください。肩が上がらない!歩きづらい!関節の動きにお困りの方におすすめです。

当院は肩関節と頭痛の治療を得意としています。

当院は、肩関節と頭痛の治療を得意としています。頭痛や神経痛、肩こりは鍼治療を行います。施術を受ける際、うつ伏せが苦手な方や座る姿勢ができない方など
極力リラックスできる姿勢で施術を受けていただけます。それ以外にもできづらい事や、苦手な事などあれば気軽にスタッフまでお伝えください!

拓北ひまわり通り整骨院の施術の流れ

01.予診表の記入

現在の患者様の症状を予診表に記入していただきます。
分からない事、ご相談等ございましたらお気軽にお聞きください。

02.問 診

予診表に記入して頂いた内容を中心に患者様の身体の状態を聞かせて頂きます。気になることは何でもお話しください。スタッフは患者様との会話が大好きなので、関係のない話もするかもしれないです!

03.施術方法の決定

問診でお聞きした事に基づいて、各種検査・触診等により、施術方針を組み立てます。当院は最新の医療機器を取り揃えているので、様々な症状の治療に対応することが出来ます。施術を受ける際、うつ伏せが苦手な方や座る姿勢ができない方など極力リラックスできる姿勢で施術を受けていただけますので遠慮なくお申し付けください。

04.施術開始

施術を行います。施術方法は患者様の状態によって異なります。
当院の施術は明るさと楽しさが売りですので、分かりやすく説明するのはもちろんのこと、患者様とのコミュニケーションを取りながら施術を行いますので施術後は「ここに来て良かった」と思っていただける自信があります。

05.施術後の説明

来院頻度の説明を致します。また、施術が終わった後にスタッフ全員が「お疲れ様でしたーーー!」と声を掛け合う光景も毎日の日課です。